Power Plant Managerとは

発電設備保全管理システム「Power Plant Manager」 Power Plant Managerとは

電気事業法「第55条の定期安全管理検査」および「電気事業法施行規則」への対応をはじめ、定期事業者検査や自主保安の適正な計画立案から検査記録の保存・管理まで、これ一つで対応します!

発電業務は、電力の安定確保、廃エネルギーの有効利用、コストメリット、特定規模電気事業への参入、余剰売電など、さまざまな面で効果を期待することができます。しかし、このような効果を得るためには、まず、発電設備の安定稼働と信頼性の確保が必要不可欠です。

政府も"安全管理審査制度"を導入し、設置者自身による電気工作物の自主保安を要求しています。それに伴い、国による定期検査を廃止し、設置者による検査、記録の作成・保存を義務化しました。

このような状況の中、保全担当者は現場で発生する多量な情報を確実に捉え、「より効果の上がる保全のあり方とはどのようなものか」「重点予防対策設備として何を選ぶのか」「予防保全・改良保全・事後保全をどのように展開させるか」ということを、信頼性・保全性・経済性などの面から的確に検討しなければなりません。

パワープラントマネージャーとは、事業用発電設備の保修管理技術を基盤に開発された"発電設備向け保全管理システム"です。

パワープラントマネージャーを適用することにより、さまざまな形態で発生する保修情報を、モレなく蓄積することができます。また、その情報をもとに、点検基準の見直しや点検計画の立案をおこないます。

パワープラントマネージャーの導入・ 運用が
失敗しない理由

24年継続バージョンUP

Power Plant Managerの主な機能

※お客様のご要望に応じて、オプション機能を組み込むことができます。詳しくは、コンサルタント オフィス ヴォルトまでお気軽にお問い合わせ下さい。